病名・症状名 緊急度
子宮内膜症(しきゅうないまくしょう) 1
通常は子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が、子宮の外にもできる疾患です。下腹部痛、生理痛、性交のときにお尻のほうが痛くなる、などが主な症状です。卵巣に発生する子宮内膜症の場合、卵巣の中にチョコレート状の血液がたまることがあります。
診療科
産婦人科 婦人科


※緊急度について
0:病院にかかる必要性はないと思われますが、まず様子を見て、気になる場合は受診した方がいいでしょう。
1:症状がひどい場合は受診しましょう。夜間の場合は、まず症状を確認し、緊急性が低い場合は翌朝受診しましょう。
2:できるだけ早く病院を受診した方が賢明です。場合によっては救急車を呼ぶなどしたほうがよいでしょう。




(C)2004- CAREWAVE All Rights Reserved.